理学療法士はリハビリの先生として、ケガをした人や何らかの病気で麻痺・体の不自由が生じてしまった人に対し、痛めたところを回復させるための方法を指導したり、これからどのようにして生活していったらいいのかをアドバイスしたりする仕事です。
この仕事は病院、介護施設、スポーツ現場、訪問サービスなど、様々なところに働き口があります。多くは病院に勤め、機能回復を最優先に取り組みますが、近年は高齢社会の中で障害をもった方々がどのように地域で生きていくのか・一人一人が不自由を抱えながらも生活していく方法の模索が必要になっています。
そこで理学療法士は、もちろん体の機能を少しでも高めるために、様々なトレーニング方法を指導し、生活しやすくするための方法を一緒に考えたり、時には自宅の環境調整もアドバイスします。ここで大切なのは、担当する患者さん一人一人の背景が違い、考えていることが違い、心に抱えているものが違うということです。障害を受容し、前向きに取り組むまでを支えることも理学療法士の仕事であり、それがやりがいとなります。すべての要素を加味して患者さん一人を自律した生活へと導けたとき、大きな喜びを感じられるのが理学療法士という仕事です。